【仕事】僕が軽蔑していたものは

電車に乗っているサラリーマンたちの死んだ目を、学生の頃は本当に軽蔑していた。

 

なんやねんその顔、と強く思っていて

その感情を家で話したことがあったが、ブチ切れられたのを覚えている。

 

基本的にはリーマンになった今でもその感覚は変わってない。

 

お前も働くようになれば分かる、とか言われたけど

絶対に分かりたくない。

 

俺もあいつも皆、サラリーマンは辛いけど頑張ってるんだ

 

そんなのやめてくれ。

そんな感情を共有したって物事は良い方向には向かない。

 

どこまで行ったって、遅くまで働くことには大きなメリットはないと思う。

からしょうもない共同意識は捨てて早く帰ろう、自分の時間を取り戻そう。

 

帰りの電車で鏡に映った自分を見て、いつかの目の死んだリーマンを思い出した。