ダンのブログ

社畜予備軍 

遊び

こないだ休日にゲームをしていたら父親から「社会人にもなって」とおじさん臭丸出し発言をくらった僕ですが

 

僕自身暇つぶしではなく、本気で面白いと思ってやっていることなので反抗する心すら芽生えませんでした。

 

家にある最新ハードはPS2って状況が10年以上続いてた中で、ドラクエが出るってことでPS4を買ったんですけど

 

ゲーム面白すぎ

遊びとして面白いしコスパの面でも抜群やし、しばらく楽しめそうです。

 

大学生になってからゲームをクリアするまでやりきることなく飽きてしまう現象に陥ったんですけど

 

PS4購入後、ゲームに対するモチベーションはもうソフトを買うたび毎度毎度半端ないです。

 

それは単純にゲームソフトの中身、面白さ、質が上がっているからだと僕は思ってます。

 

制作側も常にもっと面白いものを、と思って取り組んでいるはずなのでそうなるのは当たり前です。

 

なのに、"もうゲームは卒業かな…"

と思い込んでそれに触れなくなるのはもったいない。

 

それは何事にも言えることだと思います。

大人になるとみんな遊びから卒業しようとする。

もちろん大人になってからしかできない遊びもあるし、それも楽しい。

仕事のために時間を割くことも大切。

 

でも小さい時にしていた遊びから卒業する必要はなくて、それが持ってるある面白さを再発見できるのは大人ならではの特権だと僕は思います。