ダンのブログ

社畜予備軍 

ヒカル騒動

VALUの件やらネクステ解散等々

 

このへんの話が色んなメディアでニュースとして扱われるところを見ると

ユーチューバーが拡散力、影響力を持つ存在だと認められてるんだな〜と改めて実感した。

 

youtubeの中の人たち、ではなくその存在がしっかりと世間に認識されてる感じがあるような

 

まあ取り上げてるのはワイドショー的な場所ばかりではあるが

 

与沢翼とかその辺の人たちがダメになった時は、ここまで取り上げられてなかった記憶。

 

そんな拡散力を持つ彼らが詐欺師であるか否かは置いといて

 

1つ言えるのは、

彼らにどれだけぐちぐち言おうと、なんやかんやで生き残っていくので

メディアの中の人たちに文句言うのはもうやめようという話

 

因果関係から考えると

ヒカルは詐欺師!とかもっと反省しろ!とかいくらツイートしてもヒカルは詐欺を辞めないし少ししか反省はしない。

それはニートに働けよ!と言ってるようなもの

 

すいません。ヒカルが詐欺師であるかは分からない。

 

多分数ヶ月すると

ヒカルのことだから

活動休止期間中たくさん面白いこと考えてきました、今一度みなさんに面白い動画を提供していきます!

とか言い始める。

めちゃめちゃ反省してきた感を出してくるかもしれない

 

要はどれだけ多くの人がヒカルを糾弾しようと声を上げても、彼はまた復活するわけだ

 

で、私たちはそれを眺めることしかできないわけですよ。

 

ユーチューバーだったり芸能人の不祥事に対する糾弾はどこから生まれてるんだろう。僕が思うに基本的に嫉妬心からしか生まれてないような

 

なんであんな奴がこんなに稼いでるんだよ!つまんねえのに!みたいなやつ

 

多分彼らは僕らより努力してる部分はあるし、僕らとはまた違ったストレスをかかえてるかもしれない。

そこを見ると稼いでる額なんかは頷けるのかもしれない。

 

それにもう1つ重要なことが

自分が嫌いな有名人たちには、自分以外のファンがたくさんついてるからお金が発生してる。

 

そこは分かっておかないといけない。

 

自分が嫌いなもの=みんな嫌いなもの

ではない。

 

話がごちゃごちゃになって申し訳ないのですが

言いたかったことは最後にした話。

何かが流行っている場合、そこには必ず理由がある。

だから、なんとなく嫌い。そんな感情でそれを避け続けるのはわりと勿体無いかも。

 

ヒカルは詐欺師!つまんない!

という人たちも動画をちゃんと見てみると、少しは面白い面が見えてくるかも。

 

ヒカルの動画は確かにくそつまらん動画もあるけど、たまに面白い動画もあると僕は思っている。

 

さあシバターの動画でも見てみようか。