ダンのブログ

社畜予備軍 

満員電車ストレスを解消する方法

僕を苦しめる2大ストレスがあるんで、まずはそれを紹介させてください。

 

それは、「暑さ」と「通勤時間」です。

 

仕事そのものより、この2大巨頭が僕を苦しめています。

 

暑さの方は解消されていく季節に入るので、年中通して問題になる通勤時間について

 

特筆すべきは満員電車のウザさについてなので、それについて考えていきます。

 

通勤ラッシュ避けるために早く起きるとかは絶対したくないし、それぞれの会社が始業時間を調節すれば〜みたいな考え方もそれが施行されるまでにどうせ時間がかかる

 

そこで!

「明日からできる満員電車のストレスを解消する方法!」を僕が考えたので皆さんどんどん広めてください。

 

"カバン持って通勤するの止めよう"

 

という策です。

閃いた時はマジ天才だと思いました。

 

電車に乗る人の数は大きく変えられない、でも車内に存在する物体の量は減らせるだろ、という考え方です。

 

この考えは乗車率を人で測ってもあんま意味ないんじゃないかというところからの発想です。

超極論ですが、100人入る車両に1人の人間が1車両分の荷物を持ち込んだとするとその車両の乗車率は1%なのに満員電車状態になるわけです。

 

なんの根拠もないですが半分くらいの人が手ぶらで乗車すれば車内はだいぶ快適になると思います。

 

個人的には車内で他人に荷物をぶつけられるのはかなり不快なので、この策は激推しです。

 

どうしてもカバンが必要な人はもちろんそれを持って乗車すれば良い

 

思考停止でカバン持ち歩くのは止めようという提案です。

 

これは僕の偏見ですが、多分家に仕事の道具持ち帰っても家で仕事してる人はいません。

多分酒飲んでます。

 

なので手ぶらで帰っても、なんら問題はありません。

 

ちなみに僕は、どうしてもカバンが必要な日以外は手ぶら族です。

 

マジで羽が生えます、めちゃめちゃ体が軽くなる。

 

手ぶら族が増えていくと、本人は体が軽くなるし車内に蔓延する他人ウゼェ感も払拭されます。

 

学生の皆さんは勉強道具があるはずなのでカバンOKです。

 

クソでかいカバンを持ち歩いてるリーマン達、見直していこうなという話でした。

 

エレベータみたいに重量制限つかないかな〜