ダンのブログ

社畜予備軍 

結論を先に言わなければならないアレ

あえて結論から書くなら

 

よく上司に言われる「結論から話せよ!」

 

という社会人になるとめちゃめちゃ言われるようになる、この考え方があんまり好きじゃないです

 

確かにビジネスにおいてこの考え方は重要だとは思います。

 

みんな忙しいし、てめえの話なんて聞いてられねえ状態なので、それを解消していくには不可欠な考え方です。

 

まあ確かにダラダラ話してると相手の時間を奪ってしまう、そう考えると結論から話すのが正しいと思えるので

 

仕事をしているときは僕もそうするようにしています。

 

ただそれを日常に持ち込むと、なんかちょっと寂しい感じがするんですよね

 

いや、そんなに急ぐなよ、って思う

 

例えば

僕の父親は超結論を求めるタイプなので会話がすぐ終わるということが家庭内でよく起こります。

 

んで母は超ダラダラ喋るタイプなので、あとはカオスです

 

で、僕は

ダラダラ喋ることでしか生まれないものもあると思うし、そうすることで出てくる新しい結論もきっとある

 

そう思うので社外では極力結論を急がないことを心がけてます。

 

そんな僕が何を感じているかという、真の結論を述べるとすると

 

ビジネスの世界にゆったりとした空気が流れても面白いんじゃないかな〜

 

という、ゆとり新卒1年目感丸出しの考え方です。

 

全員が仕事速度を今の2/3くらいにしても多分世の中回るような気が勝手にしているので、こういう発想になるんですけど

 

要するに

最近仕事に追われている感じが出てきていて、それが嫌になってきているだけ、という話でした。