ダンのブログ

社畜予備軍 

下書き上手

僕はこういった記事を書くとき、下書きにめちゃめちゃ時間をかけてしまう。

 

その結果クオリティが高まるならいいのだが基本的にそうではなくて

 

自分で納得したものは生み出せていないことが多い。

 

その理由は下書き能力が低いのに

 

完璧な下書きした上で、修正なり肉付けしていこうという考えのもと下書きに時間をかけてしまって

 

それゆえ提出期限が迫ったりしてきて、本番のクオリティが非常に低くなる。

 

普段下書きにある程度時間をかけるマンなので、本番一発即興勝負みたいなのには非常に弱い。

 

だから会話にブレが出ることが良くある

 

スラスラと喋れる時もあればダメダメな時が大半

 

でそれを解決する1つの方法として

 

下書きのストックがあると思う。

 

瞬間瞬間に話すこと書くことを描いて書く能力が今無いんならトレーニングするしかない。

 

こないだ書いたように日記感覚でブログを書くことでそれを養えるんじゃないかと感じております。

 

喋ったり書いたりするのが上手い人、瞬時にそれができる人はたくさんいて

 

きっとその人たちは瞬時に下書きをする力が備わっている人なんだろう

 

彼らは一筆書きをしてるように見えて、頭の中ではいくつもの下書きをしてるんだと僕は捉えています。

 

それゆえ関連した面白い話をポンポン出してくる。

 

お話は以上なんですが、

これが今の僕の一筆書きの能力

 

後々見返そう…