ダンのブログ

春から社会人 

マネーリテラシー本を新社会人が読んでみた 

こんにちはダンです。

 

マネーリテラシー(金融、フィナンシャルリテラシー)本を2冊読んだのでそれに関するお話をしていきます。

 

では始めましょう。

 

みなさんお金について意識していることってどれくらいありますか?

 

なんとなく節約しなきゃ、もっと増やしたいな~みたいな

漠然とそういう感情を持っている人は多いはずです。

 

僕もそんな感じでした。

学生時代はアルバイトと副業まがいから得る収入でのその月暮らしで。

 

ただお金は惜しみなく使ってきたので、欲しいものはけっこう買えたし、やりたいこともだいたいできました。

 

でもやっぱり妥協している部分は多々あって…

 

なのでお金に関してステップアップしていきたいなと思い始めたわけです。

 

お金について考えてみましょう。どういう発想になりますか。

 

お金について考えるとき

 

人はお金を増やすことだけに思考が傾きがちだと思います。

 

お金を増やす=投資!みたいな極端な思考になることもしばしば

 

そうじゃなくてお金を守る術、知識もあわせて持っておく必要があるんじゃないかなと思ったわけです。

 

そこで

 

投資などを”攻め”だとしたときに

 

”守り”にあたるマネーリテラシーを身に着けようと本を探しました。

 

今回読んだのはこの2冊!

 

(1)和仁達也「世界一受けたいお金の授業」三笠書房

Amazon CAPTCHA

 

(2)岡村聡「20代で知っておきたいお金のこと」中経出版

Amazon CAPTCHA

 

(1)和仁達也「世界一受けたいお金の授業」三笠書房について

 

お金について大きく考えていきたい人におススメの内容でした。

 

経済、数字に強くなることが1つテーマとされていて

会社の決算書や新聞から私たちが何を掴むことができるのか、といった話が印象的でした。

 実際のビジネスの現場でも生かせる考え方を培うための手助けになりそうです。

 

実生活に生かせる話。例えば貯金などに関する話もありましたが

それは次に紹介する本の方が分かりやすかったです。

 

(2)岡村聡「20代で知っておきたいお金のこと」中経出版について

 

まさに僕が求めてた内容がそこには溢れていました。

 

実生活レベルのお金の話を読みたい人にはかなりおススメの一冊でした。

 

良いと思った点

・日本で生きる人に向けられた本であること

マネー本とか自己啓発系の、いわゆる名著とされる本ってけっこう海外の著者のものが多いじゃないですか。

その考え方を取り入れるのももちろん大切だと思うんですけど

とっつきやすさや実行に移せるかどうかという点を考えると、日本人のために書かれた本を読む方が僕は良いと思うんですよね。

 

この本に書いてあることは、まさに読んだ瞬間から実行に移す気になると言いますか、意識がばしっと変わりますよ。

 

・これからの人生に対する予習ができる点

全10章で構成されているこの本。タイトルから分かるように20代のうちに知っておくべき内容が多いです。特にこれから社会人になる人。

これらを知った上で生活できるかどうかで、後の人生に大きな変化が出てくるのは間違いないことだなと僕は読んでいて感じました。

知らないでおくと、なすがままにことが流れ、気がついたら損していた。

みたいな感じになってしまいそうです。

 

どちらがおススメか

 

どちらか1冊であれば、岡村さんの「20代で知っておきたいお金のこと」

が良いと思います。

特に20代前半、社会人生活の浅い人ほど!

 

実生活レベルで役に立つ即効性のある本って意外と少ないと思うんですけど、この本はきっとあなたを助けてくれるはずです。

 

というわけで、一緒にマネーリテラシーを高めていこうぜってお話でした。

ヒートテックやめたら肌荒れが改善した話

春の訪れはまだなのか…

 

こんばんはダンです。

 

もう少しだけ肌寒い時期が続きそうなのでユニクロヒートテックに関する記事を書きます。

 

結論から述べると

 

インナーをヒートテックからコットン100%の肌着に変えたことにより

 

乾燥からくる肌荒れが治りました。

 

この記事が、肌の乾燥が気になる方の生活のヒントになれば嬉しいです。

 

経緯を書いていきます。

 

今思い返せば腕の肌荒れが始まったのは今から8年ほど前、ヒートテックを着用し出した高校生の頃でした。

 

まさか原因がヒートテックだとは思いもせず、保湿剤をぬって症状をまぎらわせていました。

 

自分はこういう体質だから仕方ないと、それを本質的に改善することは諦めていました。

 

私の症状をまとめると

 

・冬場になると肌が乾燥して荒れる

 

ヒートテックが触れる部分=上半身は重症

 

・夏場は問題なし

 

でした。

 

ヒートテックを辞めたきっかけ】

 

お世話になってる服のセレクトショップの店員さんとの会話がきっかけでした。

 

僕が暑がりだ、という発言から会話が始まりました。

 

僕「暑がりなので、冬でも分厚い服着ると汗かいちゃうんですよ。」

 

店員「おそらくそれ服で解決できます」

 

僕「えっ!?」

 

店員「ちなみにヒートテック着てたりしませんか?」

 

僕「はい(図星)」

 

店員「今すぐヒートテック脱いでください。」

 

僕「!!!」

 

店員「ヒートテックの素材に問題があるんですよ。体の水分は奪ってしまうし、臭いのもとになるバクテリアが繁殖しやすい。こもったような暑さを感じさせるのもヒートテックが原因であることが多いです

 

僕「なんと…」

 

店員「安心してください、綿(コットン)100%の下着に変えるだけで解決できます!」

 

僕「はい、すぐに!!」

 

いや~衝撃でした。

 

冬はこれが無いとと信じ切っていたヒートテックに難点があったなんて。

 

そういう話を聞くとすぐに実行したくなる僕は、帰り道にコットン100のインナーを1枚買い、帰宅後もうずうずしてAmazonでポチりました。

 

 その後コットン100%のインナー生活を半年ほど続けていますが

 

・肌が乾燥する感じが治まり、肌荒れが改善。

 

・重ね着してもうっとおしい暑さに悩まされなくなった。

 

という2点の改善ポイントが確認できました。

 

保湿剤も継続して塗っていますが、ヒートテックが私の肌に悪影響を与えていたのは確かでした。

 

乾燥肌っぽい、上半身の肌荒れに困っている人でヒートテックを使っている人は

 

ぜひコットン100%のインナーに変えてみてください。

 

良い効果が見えてくるかもしれません。

 

ちなみに僕は1週間ほどで効果を実感できました。

 

この話の教訓は、知らないって怖いことだな~です。

 

何か問題があるときは、自分が信じているものも疑ってみることが大切な時もあるかもしれませんね。

 

 

 

 

ブログの方向性

どうもダンです。

 

ブログの方向性みたいなものを全く考えずに始めたので、今日はそれについて考えていたのですが

 

自分自身はどんなブログを求めているのかをヒントにしてみることにしました。

 

自分が他者のブログに辿り着くのって

 

(A)何か商品レビューを探していた時

 

(B)SNSで回ってきた記事から、その人のファンになって

 

この2パターンに分けられます。

 

前者は私の商品購買等に大きく影響を与えてくれますし、後者もRSSで購読するほど自分の日常に溶け込んでいます。

 

両者ともに目指していきたいブログの形です。

 

しばらくは

 

私が体験してきたものについて=商品レビュー~日記等の記事(A的な)と

 

自分の考えなどをまとめた少し長めの記事(B的な)

 

の2パターンで書いていきたいと思います。

 

にしても毎日、高クオリティな記事書いてる人って何者なんだ…

 

そういう人はきっと自分の頭の中の言葉をきっちり言語化するのが上手な人なんですけど

 

自分はその能力が乏しすぎる、、。

 

息するように記事書けるようになりたいな。

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ開設について

こんにちはダンです。

 

「ネット時代なんだし、とりあえずブログ書いてみよう」

 

みたいな記事を前々からちょこちょこ見かけてて、早数年。

 

やっとこさ自分も書いてみようかという気持ちになりました。

 

理由は1つ。

 

明快な文章を書けるようになりたいから、です。

 

春から社会人になるのが直接的なきっかけかもしれません。

 

自分の考え相手に伝わってないな~って感じるとがこれまで多々あって

 

それは今後なんらかの弊害をもたらすに違いないと危機感。

 

伝える力を向上させるためのひとつとして、ブログという手段にたどり着きました。

 

ブログが良いと思った理由は3つ

 

・文章を書くようになる

 

・誰かに伝えることを意識して体験するようになる

 

・ネタを探すことに能動的になる

 

ブログを書くこと自体が目的化してしまうとけないとは思いますが

 

この3点に自然に繋がるのはブログを書く行為だと思いました。

 

時間があるときに更新していきます。

 

コメント等で意見いただけると嬉しいです。

 

それでは失礼します。